• Boothにて各楽曲DL配信中

    https://tabun.booth.pm/

    by clanmana

  • Clanmana

    さよならゼロ年代

     

     

    "Clanmana"は京橋めじろ(旧:E.J.R)が来るべき20年代に向けて音楽を作るサークルです。

     

    各種サブスクリプションサービスで楽曲を配信しています。

     

    ご連絡はお気軽にどうぞ。

    email→ungalian☆yahoo.co.jp

    twitter→@mikelull_tl

    はるにあらし(feat.綺良雪)

    さよならに手を振る僕ら。
    強がりは一つだけ。
    今更、間に合うとか、女々しいな。
    僕の感傷。

    ひたすら、夢に焦がれて。
    優しくなって、虚しくなって、裸足の季節に。
    土砂降りのあとの青空。
    退屈な日々の群青。
    少しだけ誇らしい君が居たから。

    きっと僕らまだ、足りないものばかりで。
    それでもさ、進めるかな。
    不確かな歩幅に寄せた。

    ふわり、ほら舞い落ちて。
    手を伸ばす君が好き。
    春のにおい想いだしたら、似合わない青さに照れた。
    回れ。季節、弾けて。
    この空に届くかな。
    ひらひら舞い上がれば、君にまた釘付けだ。

    君が好きなパン屋と。
    君が好きな本屋を。
    目で追う癖が抜けずに。

    終わりだなんて、まだ。
    唐突すぎて僕ら。
    曖昧な笑顔だけが言葉よりも分かり合えた気がした。

    ふわり、ほら舞い落ちて。
    さよならに手を振れば。
    春のにおい、想いだすから意地の張り合いは終わりだ。
    問いかけた気持ちには素直になれなくて。
    ゆらゆら、ゆらり揺れた心まだ、行方知らずだ。

    "嘘もまるで本当みたいね"
    映画みたいな悲劇を想像してたよりも僕ら、笑えたから。
    君にまた完敗だ!

    さよならに手を振る僕ら、強がりは春に舞う。
    君のにおい、想いだすから似合わない服を捨てたよ。
    不確かで透明な青さが眩しくて。
    きらきら、空に光る。
    君にまだ釘付けだ。
    さよなら、ハルのせいだ。

     

    Vocal:綺良雪

    作詞作曲編曲&Guitar:E.J.R/京橋めじろ

    Bass:Sato(from意識のないクランケ)

    Mix&Mastering:Kensei Ogata

    illustration:Ayaka Okada(from意識のないクランケ)

    special thanks:Yuya(from空色ナイフ)

    夜間飛行(feat.綺良雪)

    つまらない夜でも、さびしさは鳴るから。
    コラージュした過去、日々の閉塞感。

    掴めずに離した、あの小さな影さえ。
    千切る意味だけ伝えたかった。

    回る世界と虫眼鏡。
    歪んだ夢と見上げた夜空は。

    遊覧船に乗って君と行こう。
    内緒の地図を広げて。
    夜明けの合図を鳴らした。
    さよなら、またね。

    あの星から星まで飛べた気がしたのは。
    君の笑顔が教えてくれた。

    欠けた月と地球儀を、回す指で捉えた未来は。

    遊覧船に乗って君と向かおう。
    夜空の星を集めて。
    秘密の言葉を探した。
    さあ、すぐ、いくよ。

    街明かりが消えていく空に不安そうな君の笑顔。

    回る世界と虫眼鏡。
    君の夢と見下ろす景色は。

    遊覧船に乗って君と行こう。
    必ず、隣にいるよ。
    果てない距離を旅して。
    いま、すぐ、会おう。

    いつかの君と誓った。
    また会うときは笑顔で。
    夜明けの合図を鳴らした。
    さよなら、いつか、また。

     

    Vocal:綺良雪

    作詞作曲編曲&Guitar:E.J.R/京橋めじろ

    Bass:Sato(from意識のないクランケ)

    Mix&Mastering:Kensei Ogata

    illustration:ふーらい

     

    夏のキスシーン(feat.綺良雪)

    水面の静寂、かき消す。
    触れた手と手が熱を帯びた夜。

    祭りの夢から醒めた火照た心に嘘は吐けない。

    宵闇に消えた恋心、揺れる。
    朧げなまま君を見つめた。
    花火の音が弾けた。

    嗚呼、夏のにおいのせいかな?
    ねえ、君に好きと言えそうだ。
    早くなる胸の音、今は苦しくて赤くなる刹那。
    嗚呼、夏の熱病だ、まだ。

    浴衣に残る、棗の花の香りが汗に滲めば。
    見つめた目と目の先で

    不意に反らした恋にまた気付いた。  

    泡沫に浮かぶ月が頬を照らす。
    君の横顔だけを見つめた。
    花火の音で弾けた。

    嗚呼、夏のにおいのせいだよ。
    ねえ、君に好きと言えなかった。

    ねえ、夏と君のせいだから!
    今すぐ好きと伝えたよ。

    吐息で君の距離をはかる。
    ああ、やっと言えたから。
    まだ続く、恋の熱病だ、ああ!
     

    Vocal:綺良雪

    作詞作曲編曲&Guitar:E.J.R/京橋めじろ

    Bass:Sato(from意識のないクランケ)

    Mix&Mastering:Kensei Ogata

    illustration:ふーらい

     

    シンデレラステップ

    (feat.綺良雪)

    鏡に映るお姫様を宝石箱に散りばめていた。
    何度も伸ばした指先で触れられなくて

    また零れてた。

    間違うことも恐れないで。
    忘れた言葉も。

    ほら、零時の鐘が鳴る。
    いつか夢見たことも。
    約束したけどすれ違いだよ。
    またレンズ越しの目で君を覗き込むけど。
    おどけていた君のしぐさを見ていた。

    変わることを認められずに。
    亡くした気持ちも。

    灰かぶりのお姫様。
    一夜限りの魔法も。
    素直になれずに遠回りだよ。
    望むことの大きさと測る距離の不安も。
    駆け出して登る未来が、綺麗事だけ。

    硝子の靴はもう捨てた。 
    裸足で駆け出したけど。
    『今更だ』なんて笑いたくなる。
    幸せを定義して隠す嘘が増えても
    あの頃に戻りたい、とか思うから。

    躓いて転んだって。
    夢でまた会えたなら。
    深夜零時、鐘が鳴って
    取り残されても。

    何度だって確かめて。
    手探りで間違えて
    涙だって乾くから、裸足のままで。
    駆け出していくから。

     

    Vocal:綺良雪

    作詞作曲編曲&Guitar:E.J.R/京橋めじろ

    Bass:Sato(from意識のないクランケ)

    Mix&Mastering:Kensei Ogata

    illustration:ふーらい